クレジットカードの審査が厳しいという噂の真相は?

クレジットカードと収入証明書

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

よくコマーシャルなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があると分かっていれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

クレジットカードが使える用途

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の主な特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

クレジットカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されているとカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

もし、問題なくローンの返済ができているのに審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードの申し込みで審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。