クレジットカードの審査の厳しいの真相って?

実際おすすめのクレカは

ローンやクレジットカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性が出てくるので気をつけてください。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあります。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人が多いと聞きます。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くと信用情報が悪化し、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

CMで有名なクレジットカードは

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてなにを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に通るのが難しいと言われているカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で使われるクレジットカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送付してもらう住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、間違えることがないように気をつけましょう。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。