クレジットカードの審査が厳しいのに落とし穴ってある?

電話連絡あるのかクレカの審査で

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど様々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

よくCMなどで名前を見るクレジットカード会社と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはクレジットカード払いのみ対応などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると言われています。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

クレヒスのすすめ

高額な買い物をする際やネットでの買い物など様々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で使われるクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを送ってもらう住所の3点は必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

間違えることがないように気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

その理由としてはどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いそうです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使ってクレジットヒストリーが出来上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります